ブログトップ

マッチ坊の細く長く

matchbou.exblog.jp

3流戦士のスロ日記とその他つぶやき

カテゴリ:心の叫び( 46 )

いや、すいません。
また更新をサボってしまっていますね。。。

弟と一緒に朝から番長3を打ったら、ベル7回で次回予告→たんぱちゅ→設定⑥確定画面、というウマウマな展開で万枚を達成した話を早く書きたいのですが、もうしばらくお待ちください。その日の稼働以外はあまり見せ場はありませんが。。。

さて、今回は話題となっている、パチンコパチスロ業界に大きな影響を与えるであろう規則改正に関して書いていきます。
7月11日より、警察がパチンコ・パチスロに関する規制の強化についてのパブリックコメントを募集しはじめました。
規則改正の内容については、以下リンク先をご覧ください。


まぁ、どうせコメントしたって大勢に影響はないでしょうが、我々ユーザーの声を届けるチャンスであるのでワタクシもコメントを送ってみることにしました。所々日本語がおかしいところがあるかもかもしれませんが、そこらへんは大きな心でお願いします。。
また、このような機会はあまりないので、パチンカスの同士のみなさんもぜひコメントしてみてはいかがでしょうか。

以下、送ったコメントです。

まずは、根本的な問題として、ギャンブル等依存症対策と記してあるが、「パチンコ・パチスロ依存症対策」なのかそれとも競馬・競輪・株/FX等と同列に扱ったものであるのか。もっと踏み込んだ言い方をするならば、遊技への依存症対策なのか、ギャンブル(投資金額が問題)依存症対策であるのか。

そして目的は「依存者」の遊技回数・遊技時間を減らしたいのか、それとも遊技にかけているお金を減らしたいのか。
そもそもどのようなパチンコ・パチスロユーザーをもって依存症とするのかをはっきりしてほしいと思います。

もし前者、つまりあくまで遊技であるという前提で、遊技回数・遊技時間を減らしたいとするならば、ユーザーの入場制限やホールの営業時間、営業日数などの制限をするべきではないのか。例えば、会員カードで遊技回数(入場回数)を管理するとか、「平日は15時以降しか営業してはならない」とか、月に4回は休業日を設けなくてはならないなどです。

もし後者、ギャンブル依存症対策と同等の意味合いであるとするならば、ぱちんこや回胴式遊技機のゲーム性や自由度を規制するのではなく、玉1個やメダル1枚の料金の上限を規制するべきなのでは、と考えます。

1ユーザーとして、これまでに認められてきた様々なゲーム性を持った機械、思い入れのある機械が規制が変わったせいで急に遊べなくなるのは理不尽だと考えます。また、その機械を最低でも3年間は設置できる前提で購入したお店が、自分たちの負担で機械を入れ替えなくてはならないということに関しては憤りを覚えます。
このような余計な負担が、我々ユーザーの遊技環境に大きな悪影響を及ぼしているということを理解していただきたい、と思います。

しっかりと所定の手続きを経て、市場に登場した機械の認定を取り消すというのは、その前の保通協の機能がしっかりとしていないからではないでしょうか。そのようなミスには目を瞑り、メーカーやユーザー、そして一番大事であるユーザーをないがしろにするような規則改正は断じて許せません。


このような世の中では、いつまでもグレーな三店方式も長くは続かないだろうし、レートを落として換金も合法化しちゃえば良いのにと勝手に思っているマッチ坊でした。

では、また次回。




[PR]
by mura777mura | 2017-07-24 23:48 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

いまさらですが4月に導入された、キンパルとアステカの5号機バージョンについての
個人的な感想や、昔の思い出話などをつらつらと書いてみたいと思います。

キングパルサーは、ボクにとってもしかしたら4号機の中で一番消化ゲーム数が多い機種かもしれません。
僅差でB-Maxの方を1位としていますが、歴代の機械の中でも2番目に好きな台です。

この名機との思い出はというと、当時来店ポイントみたいなのを貯めて設定⑥を打てるサービスで
ストックの貯まってそうなキンパルを打ったときの話かなぁ。他にも沢山あるんだけど。

ストックを消されたかどうかは定かではなけど、2回目のボーナスでみごと1024ゲーム(⑥の天井)越え。さらに、1200ゲーム付近でBIG引いたあとのボーナスが900ゲーム過ぎで投資が50kオーバー、プラスに持っていくのも一苦労だと思っていたら、まさかの10500枚獲得。どうやら、たまたま⑥で振り分けの薄い長いSTを2連続で引いたようで、途中からは連チャンしっぱなし。キンパルの良いトコは(罠でもあるけど)、ハマっていても裏でいっぱいストックしているかも、と期待を持って打てることですね。

f0008362_19353130.jpg


さて、5号機なって生まれ変わったキンパルについては、「リリースが遅すぎた」という一言に尽きます。
初代と同様のドット演出による前兆や、32ゲーム以内の連チャンは気持ち良いのですが、とにかく初当たりが重過ぎる。同じ時期に登場した「南国物語」や「沖ドキパラダイス」に比べ連チャンモードには上がりやすく設計されている分、天井も深いし初当たり確率は極悪。
ゾーンもないし、モード狙いの旨みもないし、あっという間に通路になってしまって、通っているK店では高設定らしい台を触るチャンスは今のところ一度もありません。

新基準になる前、すなわちコイン持ちは悪いがもっと初当たりを引きやすい「沖ドキ」スペックで検定を通していれば、もっと稼動したのではないかと思います。ボーナスを自分で揃えられるようにも作れた筈だし。いくら懐かしい前兆演出を搭載していても、全然当たりにつながらないんじゃ意味が無いからなぁ。

f0008362_1936353.jpg


アステカは特に思い入れが無く、150ゲームというCTは現状維持の状態が長すぎると感じており、それほど積極的に手を出した機種ではありません。甘いと言われていましたが、それは高設定の話であって、設定①のBIG確率が確か315分の1。その時代のA-400ノーマルタイプのBIGよりも悪かったから、大ハマリの連発で爆死している台をゴロゴロみることができました。

4号機のCT機の中では、群を抜いてヤマサのピンクパンサー3CTがマイベスト。
200枚を越える払い出しで終了という条件はアステカと一緒ですが、CTのゲーム数が60ゲームと短く、その分BIG確率は設定①でも260分の1にアップ。このバランスと多彩なリーチ目に虜になり、4号機ナンバー3に挙げるほど好きになりました。
まぁ結局、両機種とも2分の1のCTを引けないとまったく面白くないんだけどね(苦笑)。


ゴールデンウィーク直前に登場した、新生アステカの感想は、「アステカっぽいのはリールだけ」。
でも最近の機種の中では面白い方だと思ってます、世間の評価はそうでもないみたいですが。

小役の重複だけでなく、いきなりリーチ目が刺さることもあるし、低設定でもチャンスゾーンにそれなりに突入するし、通常時もダレることなく消化できるのが評価できるポイント。ARTまでのハードルがそれほど高くなく、低設定の機械割が高めなので遊べるボーナス+ARTタイプという印象です。

f0008362_19371625.jpg


スーパーチャレンジタイムは引けたけど、プレミアムボーナス「魂の祭壇」やラッシュ中のCT赤高確はまだ引けてません。
解析数値をみると高設定の判別も難しくはなさそうだし、積極的に攻めたいとは思っているのですが、いかんせんシマの稼動が悪すぎてK店では設定が投入される気配がありません。このままコイツも撤去されてしまいそうです。


キンパルもアステカも、すでにバラエティと5スロにかろうじて生き残ってるような状態。
他にもっとつまらない機械が沢山あると思うのだけど、背負った看板が重すぎたのか、両機種ともに短い寿命となりそうです。。。
[PR]
by mura777mura | 2016-07-25 23:33 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

今月の6日、蒲田にノーマルタイプのみのスロット専門店がオープンしました。ボクはまだ行ったことがありませんが、非常に興味があるので、色々なサイトやブログ覗いて情報は常にチェックしています。

f0008362_17431372.jpg

47枚貸しの60枚交換という営業形態に批判もあるようですが、高設定をたくさん投入してくれるのであれば、こちらの方が良いと個人的には思います。ボーナスが当たらなきゃどんな機種だって楽しくないわけだし。危惧されるのが夕方、夜の稼働状況ですよね。自分みたいな中毒者は短時間勝負でも金を入れると思いますが、換金ギャップに慣れていない今の打ち手がどう判断するか。いくら不利だとはいえ、設定①しかない等価で打つより、良い台である希望が持てる方が楽しいと思うのですがどうなんでしょう。
蒲田に住んでるN先生にも久しく会っていないことだし、近々遠征しに行きたいと思ってます!


さて、ちょっと前の8日の話になりますが、K店で一日ニューパルDXを打ってきました。
バラエティーコーナーに1台のみの導入で、新装の月曜日から客側のプラスが一日もない中で迎えた全体イベントだったので狙ってみたのですが、結果は写メの通り。

f0008362_17432639.jpg

ピークでは1500枚くらいプラスでしたが、最後のビッグ間クソハマりに耐えられず(閉店が近かったというのもありますが)、約300枚ほど浮いて終了。この時は、各設定のボーナス確率のみ把握していたので、ビッグ確率だけを信じて打ち続けましたがおそらく下の方だったんでしょう。解析が出た今考えると、小役が良ければもう少しコインが残っていたはずでしょうから・・・。

ニューパルサーDXなんですが、最初は先告知もある完全告知マシンということで「どうなんだろ?」と思ってたんだけど、打ってみたら最高に面白かったです。リール左にある告知の小窓(?)の開くタイミングが秀逸で、オヤジ打ちしていてオレンジが揃ったあとベットが反応悪い→よく見るとシャカシャカ、ゲコゲコみたいなパターンもありました。

完全告知モノの中で、自分が一番好きなのはパイオニアの4号機「オアシス」。決してダイナマイトバージョンやスイカバージョンの裏モノのことではなく、告知するタイミングの振り分けバランスが一番良いと思ってるからなんですよね。確か25%が先告知、50%が第3停止時、そして残りの25%が次ゲームのレバーオン時だったと思います(違っていたらごめんなさい)。

もしニューパルDXに自分が変更を加えるとするなら、「次ゲームのレバーオン時」に告知するパターンを追加することですね。このパターンを加えることによって、リール及びリーチ目がもっと生きてくるんじゃないかと思います。リーチ目出現→一枚がけでニヤニヤしながら小窓をガン見、もいいですし、チャンス目→3枚がけで「お願いします」→「入ってた?」「今引いた?」みたいなのもできるから楽しみが増えると思うんですよね。

先告知の割合は、これは人によって違うと思いますが、ボーナスの6分の1~4分の1くらいがベストだと思っています。あまりにも先告知の割合が高いと、告知されなかった通常ゲームがダレてしまうので嫌なんですよね。今回打った時は、先告知が少なかったけどジャグを意識したマシンだから、先告知も同じ4分の1なのかな? 4分の1以上ってことはないと思います。


それでは、ニューパルDXの高設定を狙えるホールを探します。
どうやら蒲田にはSPの方しかないみたいなので。





[PR]
by mura777mura | 2015-02-21 23:18 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

T1店が逝かれました・・・

最近はクラコレ、B-MAXをはじめとして、ノーマルタイプをバラエティで大切にしてくれ、20スロでは一番遊べる店が急遽閉店となってしまいました。地域で2番手、まだまだ黒字だったと思われるのですが、数年前に閉店した2号店に買い手がつかなかったのが大きかったんですかね。
急に発覚したスロットの規則改正、の影響にしては対応が早すぎると思うのでこちらは関係ないでしょうね。

また思い出のお店がなくなってしまい、さびしい限りです。

T1店での名場面を振り返ると、

①財布をなくした
夜7時ごろ、後ろのポケットに入っていた財布が無いことに気付く。まつり屋華恋を打っているときに掏られたのか、落としたのかわからないけど、とにかく財布を紛失。もちろん店内の監視カメラで映像をチェックしてもらったんですが見つからず。
だいぶ現金を使ったあとだったので、金額的にはたいした被害はなかったんですが、メンドクサイ手続きがいっぱいでゲンナリしました。

まぁ、財布を無くしたこの店で、翌日からの2日間で、ブルーハーツとまつり屋華恋の⑥を連続でツモり、270k勝たせてもらったので良く覚えているだけなのですが。まつり屋華恋って機種、覚えている人いるかな?


②MAXローテーションの最終日にみんなで徹夜でならぶ
5人でノリ打ちで、吉宗、麻雀物語、鬼浜、夢夢ワールド、後一台はヒデキだったかな。。。
多分徹夜でならんだのは、後にも先にもこの1回だけだと思います。
自分が担当した麻雀はたいして出てくれなくて、吉宗がマイナスだったため、確か一人頭30kもプラスにならなかったと思います。

③メフィストのバケ後の台をタッチの差で取られる
シマの反対側から歩いてきた若者が即確保して何事かと確認すると、なんとその台がバケ終了後20~30ゲームという状態でした。別にその台をマークしていたとか、その若者にかっさらわれたわけではないのですが、結局メフィストでバケを引くことがなかっただけに悔しい思い出として残っています。



さて、29日金曜日の夜に友人からメールを貰っていて、T1店の終了を知っていたので、30日は朝からK店へ。
一応全機種(5台以上設置機種)に高設定投入を示唆するメールだったので、なんとなく戦国乙女西ナントカにチャレンジ。低投資で何回か初当たりを引きましたが、レア役からのメーター減算が解析サイトに乗っている設定①よりも酷く、7周期ハマったあとチョロっと回してヤメ。マイナス12k。
しかし、この機種のART、どうやったら跳ねるんだかさっぱりイメージがわきませんでした。

その後、先々週のハッピーの貯メダルと来店ポイントの交換をしにがてら、T1店の最期を覗きに行くと、モンキーのノーAT200ゲームがあったのでお別れの勝負を開始。
これが、投資300枚でヒットしさらに天国で2回、超抜で1回初当たりを交えて2000枚の獲得。
餞別をくれてやるつもりが、逆に手切れ金をいただく形となりました。

f0008362_17364774.jpg


モンキー2の超抜は、波多野一択ですわ。
ただし選択することを良く忘れるので半分くらい青島で消化し後悔しますが(苦笑)。


プラスに転じ、余裕ができたのでK店へ戻り高設定が残ってそうなシマを探すと・・・
打てそうな機種はケロット2くらい。

全機種に高設定といっても、発表台が怪しいものも沢山あるので、どうしてもATタイプは出ている(粘っている)台がなくても耕す気にはなれないんですよね。

まだあまり回っていないケロット2をペシペシ打ち出すと、2つ隣のおじさんが華麗な連荘開始。そして華麗な連荘即ヤメ。
その台がボーナス連打でデータが2500ゲームでBIG9、REG9、一気に高設定っぽくなったので、自分の下皿にあった200枚くらいのコインを流し台移動。ツイているときは、こういうタイミングで移動した台がホンモノで、最終的にBIG30、REG27まで育てて2700枚獲得。

10時前に終了とし、待ってくれていた永い付き合いの二人と、T1店の思い出話やら最近のスロット事情を話しながら2時過ぎまで飲んで終了です。


8月は素晴らしい結果となりましたが、T1店がなくなった今月からはどこで遊ぼうか。。。
[PR]
by mura777mura | 2014-09-02 23:29 | 心の叫び | Trackback | Comments(2)
Brazil World Cupもはるか昔に終わり、日本代表の監督にはアギーレが就任し、さらにヨーロッパサッカーの新シーズンもスタートしましたが皆様お元気でしょうか?
アーセナルはちゃんと来週のCL予選のベジクタシュ戦勝ってください、お願いします。

お久しぶりです、マッチ坊は細々と生きております。

ドイツは優勝にふさわしかったと思いますが、歴史に残るような好試合ってのは全然なかったかな。ブラジル対ドイツは歴史に残るでしょうが。応援していたイングランドはすぐに敗退が決定するし、ザックジャパンの試合は見ていてストレスしか溜まらなかったし、面白い試合は少なかったしで個人的には物足りない大会でした。


確認してみると、2ヶ月ぶりの更新ですね・・・
これ以上放置すると、完全終了の臭いがするので最近のスロライフについて書いてみます。

B-MAXが登場してから、仕事帰りに寄り道するようにもなりスロを打つ機会も増えたのですが、それも1ヶ月と持ちませんでした。演出無しでリーチ目が刺さるのは気持ち良いのですけど、フリー打ちで一通り堪能してしまうとなんか飽きてきてしまって・・・。

いや、今でもチョコチョコ打ってますよ、T1店は①じゃないときも結構ありますし。
でも、ビーマ愛を置いておいて冷静に機種のことを考えるとやはりボーナスが重過ぎるわ。そしてビッグとバケが半々というのもなんだかな、と。

あと一番いらつくのがRT中にバケを引いたときかな。RTにぶち込むために大抵一苦労するのに、まだ即チェリーででパンクするのは許せますが、速攻でバケを引いたときのやるせなさったら無いです。


ここ2,3ヶ月で、ボクの行動している地域の設定状況はさらに悪化しています。
イベント日の『打てそうな』客の数もだいぶ減りましたし、平日のイベ日ならよほど明確な狙い台が無ければ開店と同時に入場しても十分です。

最近の新機種もヒドイ仕様のものばっかりですね。どうして稼働が減っているのに同じようなスペック、過剰演出の機械ばっかりなんでしょう。鉄拳はまだ打っていませんが、蒼天は何回か打っています。この手の天井低め、AT即ヤメ台はマジメに打つ気になりません。早く撤去してください。
もうすぐ番長の新しいのが登場するみたいですが、ATだし気楽に打てるような台じゃないんだろうな。。。

イベ日に参戦したときの最近の行動は、まず北斗転生の設定狙い(毎回全リセット)から始め、途中からジャグラーってパターンばっかり。そして高設定の転生に座れたのは1回だけ、ほとんど夕方にはジャグラーを打っています。

6月は北斗転生の⑤で5000枚、クランキーで4300枚(B39,R28)、また先週はハッピーで4500枚(B42,R33)と楽しい稼働もあったのですが、ブログで報告する気分になりませんでした。ノーマルタイプを打っているとべつにブログに書くようなこともないですし。
この間もちろんボロ負け稼動もあり、トータル収支は100kくらいのプラスです。またいつかまとめます。


プライベートでは、夏休みを9月にとる予定なのでまだ遠出はしてません。

今年は墨田川の花火大会を友人宅で鑑賞し、フラフラになるまで酒を飲み、翌週には江戸川の花火大会を
我が家からこれまたたらふく飲みながら見ることが出来ました。
フットサルとテニスで、このクソ暑い中身体動かしているのに痩せないのは、やはり飲みすぎなのかな・・・。
[PR]
by mura777mura | 2014-08-22 23:38 | 心の叫び | Trackback | Comments(2)

更新が遅れてしまい申し訳ありません。


スロとはまったく関係なく、仕事の方で大きなヤマがあり、体力的にというより精神的に疲労困憊の日々が続いております。

昨日は気分を紛らわすために朝から打ちに行っていたんですが、クソ負け。
適当に打つんだったら5スロにしておけば良かったです。。。


今週にはこの状態から抜け出せる予定なので、もうしばらくお待ちください。


来月の前半は、タイミング良くちょっと遅めの夏休み。
4年前にも行った奄美大島へ行ってくる予定なので、心身ともにリフレッシュしてきます。

本当は向こうのパチンコ屋さんへも行ってみたいですが、それは無理そうかなぁ。


現状、そんなところです。
それでは。
[PR]
by mura777mura | 2013-08-26 23:34 | 心の叫び | Trackback | Comments(2)

今年のヨーロッパサッカーシーズンもほぼ終わり。
眠い目を擦ってドルトムントを応援してましたが、チャンピオンズリーグの決勝も大方の予想通りバイエルンの勝ち。去年涙目だったハゲチャビンの決勝ゴールには参りました。

それにしても今シーズンのバイエルンの強さは圧倒的だった。
バルセロナをボコボコにしたチャンピオンズリーグの準決勝が印象的ですが、国内リーグのデータも物凄いことになってます。34戦29勝4引き分け1敗、そして98得点18失点で得失点差が驚愕のプラス80!

こんな成績を(まだ国内カップ戦の決勝が残ってますが)残した監督が退任するなんて・・・
グアルディオラもバイエルンがここまでの結果を残すことになるとは想定していなかったはず。

今年バイエルンに勝利した3チームのうちの1つが、我が愛するアーセナル。CLベスト8をかけた戦いは、ホームでの第一レグがもったいなかった。
しかしこのバイエルン戦の勝利から着実に国内リーグで巻き返し、混戦のプレミアで4位でフィニッシュ。CL予選の出場権を無事獲得できホットしています。
来年は、監督交代でユナイテッドとシティーのマンチェスター勢がどうなるかわからないし、優勝争いに絡んでくれるでしょう。よくよく考えると、チェルシーも含めプレミアの上位3チームは全て監督が変わることになりそうですな。


さて、もう一つ最近気になっていたニュースを。
ギャンブル好きだった方は、この裁判の行方に注目していたことでしょう。


競馬の予想ソフトを使って大量に馬券を購入し、配当で得た約29億円の所得を申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(39)に対する判決で、
大阪地裁(西田真基裁判長)は23日、男性に懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

西田裁判長は「被告は、娯楽ではなく資産運用として競馬を行っていた」と指摘。
所得から控除できる必要経費について「当たり馬券の購入額だけ」とする検察側の主張を退け、「外れ馬券分も必要経費に含まれる」との判断を示し、
課税額を約5億7000万円から約5200万円に大幅に減額した。

弁護側によると、「競馬の経費」を巡る司法判断は初めて。国税庁は1970年の通達で、馬券配当で得られた所得は「一時所得」としてきた。
判決は、趣味や娯楽で楽しむ競馬について「原則として一時所得」とする一方、「被告の場合は一般的な馬券購入行為と異なり、機械的・網羅的で、
利益を得ることに特化していた」とし、先物取引などと同じ「雑所得」にあたると判断した。


(2013年5月23日11時37分 読売新聞より引用)


馬券を買う方から見れば、当たりハズレに関わらず、馬券に投資した分全てを経費として認めてもらわねば、誰も申告なんかしなくなるでしょう。ってか、そもそもそんな不利な条件なら馬鹿らしくて馬券を購入する人が減ることは間違いないですね。

今回の判決は投資として競馬をする場合には、「雑所得」と判断する場合もある、ということですかね。全てを雑所得として認めることはマズイでしょうから・・・。

パチンコ・パチスロの場合はどうなるのかな。
とりあえず投資した分は領収書でも貰っておいた方が良いんですかねw

番長で5000枚出したけど、その前にGODゼウスで8万ヤラレてるから実質20k勝ち。でも税金は番長で浮いた100kにかかります、とか・・・なるわけないか。


さて日曜日は、どんなに眠くともスロのためだったら起きられます、ってことで打ってきました。20分ほど遅刻はしましたけどね。この稼働に関しては次回に。


自慢記事危険度は・・・

f0008362_17111933.jpg


では、また。
[PR]
by mura777mura | 2013-05-27 23:08 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

なんで最近のパチスロ台はパチンコの演出を真似るんだろうね。。。

「自分のタイミングでゲームを進め自分の狙ったリールの停止結果で一喜一憂する」、というのは重要なスロットの楽しさの一つであると思うのですけど、今のメーカーの開発者にとっては切り捨てても良いポイントなんですかね?
頻発するフリーズ演出、リールロック演出にはもううんざりです。

また疑似連やステップアップ予告、耳障りな爆音と目がチカチカする派手な電飾。
そもそもこれらの演出を搭載したパチンコの稼働や人気が低下してるってのに、なんでわざわざスロにも取り入れるの?

ボクの考え方が間違ているのかなぁ。


さて昨日は嫁の誕生日だったので、朝から買い物して晩御飯の準備まで5スロで勝負(というか遊びに)。

たまにはマッチ坊も料理にチャレンジするのですが、自分で作ったモノ食っても美味くないので、正直好きではありません。指先も器用ではないし向いてないのは間違いないです。

したらば、投資200枚でコードギアスのギアスラッシュを引くは、移動したミリゴでは20ゲームでGODを引くは、聖闘士星矢ではアテナフリーズ引くは、で怖くなっちゃいました。

f0008362_18232054.jpg


ギアス2500枚、ゴッド1500枚、星矢はワロスの300枚でしたがその後のリンかけでも1500枚増やして、ものの4時間くらいで5000枚ゲット。
これを5スロだからもったいない・・・と考える人もいるでしょうけど、5スロじゃなきゃそもそも適当にコードギアスに着席することもなかったので。


今週は以上です。
早く10月の収支をまとめなきゃ。
[PR]
by mura777mura | 2012-11-05 23:21 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークもあっという間に終わり、本日からまた日常の日々。
気が付けばブログの更新もすごく空いてしまっているのですが、チョット忙しいため簡単に振り返ります。


28日 朝から打ちに行くも連勝ストップ。
     甘デジ星矢のおかげで大怪我をまぬがれる。-28k

29日 家族で江戸川の土手で簡単なピクニック、夜から一番下の弟と家飲み。

30日 昼過ぎから出陣。何故かゴッドに手を出し4000枚。
     ゴッドでは大勝利も何故かトータル+36k。

f0008362_1984021.jpg



3日 実家に帰りおふくろの還暦祝い
    夜は家族麻雀で4半チャン連続3位というシケ具合

4日 噂のマルハン千葉北店へ見学という名目で家族で出陣。
   さすがマルハンが力を入れて4月にオープンしただけあって、ホテルの中のカジノのような豪華さでした。
   ねぇ~ねぇ~島娘を打って6000枚のタコ出し。+106k。

f0008362_1985988.jpg


5日 家でチビと一緒にゴロゴロ。

6日 所用で外出。残念ながら稼働なし。



適当に打っているのに(マルハンはあまりにも混んでて空き台に座っただけ)収支に関しては、自分でも胡散臭く感じますが、また次にでも4月のまとめをしたいと思います。
ゴールデンウィーク中も稼働は3回と少なかった(?)ですが、2勝1敗と勝ち越し大幅プラス。今年はなんかヒキというか勢いが違いますね。

ゴッドも簡単にART中の?ナビから引くし、島娘に関しては4日の実戦で2回も引くし、最近は出玉に影響を及ぼすレアフラグをしっかり確率以上に引いてくれます。


自慢日記になってしまってホントウニモウシワケアリマセン(←響のデブのように)。
それでは、また。
[PR]
by mura777mura | 2012-05-07 23:57 | 心の叫び | Trackback | Comments(0)

なんか先週あたりから渋谷の合法闇スロ、またの名を金箔スロの話が話題になっていますね。。。

自分はこのような営業形態のお店があるのはまったく知らなかったので、非常に驚いたんですが、どうやらすでに全国各地に点在していたようです。初耳という方のために「日刊SPA」に掲載されていた記事を紹介致します。


以下、「日刊SPA」より引用


店もお客さんも現状、パクられることはないですよ。よく所轄の警察官が雨宿りがてら覗いていきますが、システムを説明すれば『今のところは大丈夫だね』と言ってますから。だからこうして堂々と営業しているんです」

店先で呼び込みをしていた、どこにでもいそうなサラリーマン風の店員が明るく話す。店舗前に置かれた派手な看板には、「金箔カードの自動販売機。伝説の4号機が打てる!」と書かれている。怪しむ記者の背中を押すように店員が続ける。

「ウチはゲーセンと違って換金もできますよ!」

東京・渋谷は百軒店。マンション1階のテナントにその店はあった。内部には「吉宗」や「番長」など、その射幸性の高さから一般のパチンコ店からは撤去された連チャン機が数十台並ぶ。一見、よくあるパチンコ店のスロット機が置かれたゲームセンターのようだが、古物商店が併設され、換金もしてくれるという。

営業時間は昼12時から翌朝9時まで。スロット機の横に置かれた、パチンコ店のコイン払い出し機のような機械に1000円札を投入すると、小さな金箔が糊付けされたカードが1枚出てくる。表の看板に書かれていた「金箔カードの自動販売機」とは、コレのことだ。金箔カードが吐き出されると同時にスロット機には30クレジットが貯まり、スロット機がプレイできるのだ。

大当たりすればコイン払い出し分のクレジットが加算され、100クレジットごとに追加で6枚の金箔カードが払い出される。このカードを隣の古物商店が買い取ってくれるという仕組みだ。

「金箔カードは一枚300円で買い取ってくれます。換金率は6枚交換(60枚で1000円)の店と同じですね」(前出の店員)

この店は、通称「金スロ」とも、「換金ゲーセン」とも呼ばれている。昨今、当局による摘発が相次ぐ「闇スロ」の名で知られる違法スロット店に代わり、最近現れた“新業態”だ。

「2010年頃、北九州の小倉にできた店が発祥で、2011年の末頃に都内1号店ができました。その怪しさから最初は客が寄り付かなかったが、合法の触れ込みの下、徐々に認知されつつあります」(スロットライター)



機種のラインアップとかは2chに載っていましたね。
非常に興味はありますが、打ちに行きたいという気持ちではありません。誰が台を納品しているのか、とか店員はどのような人たちがやっているのか、そういう目線です。

あとはもし今後このようなお店の人気に火が付き、お店の数が増え続けたらどのような展開になるのか気になりますね。
[PR]
by mura777mura | 2012-04-25 23:40 | 心の叫び | Trackback | Comments(2)