ブログトップ

マッチ坊の細く長く

matchbou.exblog.jp

3流戦士のスロ日記とその他つぶやき

一物一価


一物一価の影響が波及してきたのか、明日よりマイホームにパチスロの交換率を6枚に下げ、パチンコの交換率を3円から3.3円に上げるホールが登場しました。
パチスロを等価交換で営業している店舗が多いため、パチンコを等価交換に引き上げる方法を選択するホールが多いみたいですね。個人的にはパチスロの交換率を下げるのは、遊びやすくなってくれるのであれば大歓迎なのですが、どうなることやら・・・。今週末、時間があれば是非状況を見に行きたいですね。


しかし、誰が得をするのでしょう、この規則。
パチンコとパチスロはたとえ同じ店舗内に共存していてもまったく違う種目、遊びだとわからない人々によって強制的に適用されてもねぇ。また日本の庶民の歴史・伝統のある娯楽が、すたれていく方向に加速してしまうと感じてしまいます。


各ホールが営業方法で特徴を出せないようになると、小規模ホールはますます苦しくなってしまい、大型チェーンばっかりになってしまうことは簡単に想像できます。なんとかならんものですかね?。
[PR]
by mura777mura | 2010-11-10 22:44 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matchbou.exblog.jp/tb/14956768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュイン×2 at 2010-11-11 11:40 x
大型チェーン店だけになったら困っちゃいます。

お辞儀ばっかりしてないで出玉で還元しろと言いたくなりますね。
Commented by mura777mura at 2010-11-11 12:53
>キュイン×2さん

確かに。表面的なお辞儀、挨拶ばっかり丁寧でも僕らはスロットを打ちに行っているわけですからね。遊べる設定、遊べるクギ調整が何より大事だと思います。だから持ち玉になったら粘ってやろう、と思わせてくれるような低換金の優良ホールが好きです。

接客が丁寧でもどうせ心の中では、『またコイツ来た』とか思われてるんだろうし。